冷酒の楽しみ方

いよいよ夏本番。1日の締めくくりに、ついついお酒に手が伸びてしまう。この時期は、やはり冷酒に限る。

特に冷やして飲むのに好まれる酒が、香りが高い吟醸酒や新鮮さを味わう生酒。日本酒は冷やすことで香りが引き出され、喉越しがよくなる。しばらく置いておくと次第にぬるくなり、香りや味わいが変化していくのも楽しみのひとつだ。

そもそも日本酒の保存は冷蔵庫が鉄則

いくら美味しい日本酒であっても、温度管理によって味は変わってしまう。特に日の当たるところに置いていると、1日2日で味が変わってしまうほど繊細だという。なので、冷蔵庫で保存するのが鉄則である。

氷水で冷やすとキリリ感が増す

冷酒に関しては、冷蔵庫で冷やすのもいいのだが、おすすめは氷水で冷やす方法だ。冷蔵庫と氷水で冷やすのとでは、味わいが異なる。氷水で冷やすと、日本酒の風味をそのまま保ち、キリリ感が増すという。

ロックでいただくも美味

グラスに氷を入れ、ロックでいただくのもいい。ただ、次第に味わいが薄まっていくため、嫌がる人もいるのだが、アルコール度数の高い日本酒などは、飲みやすくなっていい。とはいえ、薄くなる前に飲んでしまうのも手だ。

最近では、日本酒の炭酸割りやソーダ割りも

これは、好みがハッキリとわかれてしまうと思うのだが、最近では、日本酒と炭酸で割って飲む炭酸割りなどを好む人もいる。たっぷりの氷をいれたグラスに日本酒と、カシスや緑茶などを合わせて飲んだりと。日本酒に馴染みのない人にとっては、飲みやすくていいかもしれない。

どちらかと言えば、私はそのままストレートに日本酒を飲むことを好むのだが、日本酒を好きになってもらえるきっかけが増えることはいいことだ。夏はキンキンに冷えた日本酒で、1日の疲れを癒し次の日の活力にしたいものだ。