七草粥

1月7日、七草粥を食べて無病息災を祈る

近くの直売所で、博多七草が売っていた。今日は、1月7日。無病息災(病気をせず元気であること)を祈り、七草粥をいただく日。江戸時代からの習慣のようだが、胃腸にもやさしい味わい。

七草粥の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべ、ほとけのざ、すずな、すずしろと。せりは、昔から畑などに自生していたり栽培されていて香り高い。我が家の畑でも毎年勝手に生えてくる。競り勝つという意味合いもあるのだとか。せりご飯や鍋に入れても美味。なずなは、ぺんぺん草といったら、思い浮かぶのでは。幼いころ、原っぱに生えていて、ぺんぺんぺんぺんと鳴らし遊んだ記憶が甦る。なでて汚れを取り除くという意味もあるのだとか。ごぎょうは、別名ははこぐさ。仏の体を表す縁起物で、お茶にして飲むと咳止めや利尿作用などがあるそうだ。はこべは、繁栄が広がるという意味合いを持ち、効能は七草の中でも高いのだとか。ほとけのざは、漢字で仏の座と書く。天ぷらなどにしても美味で、整腸作用を持つ。すずなは、かぶのこと。神を呼ぶ鈴として縁起の良い物とされてきたそう。すずしろは、大根のこと。改めて、それぞれの野草に意味や効能があることがわかる。

せり

なずな

ごぎょう

はこべ

ほとけのざ

すずな

すずしろ

健康な体で仕事に励みたいものである。

 

RSS
Facebook
Twitter
Google+
http://ginjoka.com/sake-you/nanakusagayu">
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial