八女茶 茶の葉堂

八女・茶の葉堂のほうじ茶と抹茶のソフトは濃厚。特にほうじ茶ソフトは、お茶の香りとソフトクリームが絶妙

恵比寿酒店のある福岡県八女市の八女福島の白壁の町並みから、車で20~30分。知り合いから教えていただいた「茶の葉堂」へ。「茶の葉堂」は福岡県八女郡広川町にあり、奥八女といわれる連なる山々と田園風景が広がる流域にある。この流域で生産させれる茶を「奥八女茶」と呼んでいる。濃い朝霧と昼と夜の温度差はお茶つくりには最適。奥八女茶の特徴は、色濃く風味まろやかな香りでビタミンやカテキン、ポリフェノールが豊富とのこと。そして何より、「茶の葉堂」のある、山、そして田園風景が広がる場が、心和ませてくれる。

もちろん、お茶を求めて訪れたのだが、絶品だったのが、かなり濃くて口いっぱいに抹茶の風味が広がる抹茶のソフトクリーム。といいたいところだが、抹茶のソフトクリームも美味だが、好みは断然、香ばしい香り漂うほうじ茶のソフトクリーム。コクがあるのにさっぱり。ほうじ茶のソフトクリームだけを食べに行く価値があるといえるかもしれない。

試飲用のお茶を出していただいたのだが、今日は特別桜餅付きとのこと。いだたいだお茶は、春限定の「花舞茶」。八十八夜ごろに摘んだ吟撰茶葉を貯蔵・熟成させたもの。色は鮮やかで、しっかりと茶葉の味わいと香りが。こちらは、季節限定品。

ほうじ茶、深むし茶、煎茶、玄米茶、上玉露粉末、白折茶などバリエーションが豊富。

こちらは、特選シリーズ。玉露は、特撰、特上、高級、熱湯など5種類ある。

これからの季節、役立つのが水出し煎茶。ティーパックになっているので、最初はぬるま湯で味と香りを引き出し、その後、水を入れたらできあがり。冷蔵庫で冷やすと、1日楽しめる。

便利なティーパックのお茶もある。

お茶だけではなく、お茶のスイーツも充実している。抹茶とほうじ茶の金平糖。ほろ苦感と甘さのバランスが絶妙。

玉露饅頭、抹茶チョコサンド、抹茶ようかん、玉露と焼きあごだしなど、気になる商品がたくさんあった。

5月25日(金)、26日(土)、27日(日)、年に一度の新茶まつりが開催される

5月25日(金)から27日(日)の9時から5時まで、新茶まつりが開催される。新茶、甘味のほか、イベントも盛りだくさん。詳細はこちらを。

八女の中心から少し車を走らせると、茶畑が広がる。茶畑を眺めながら、茶の葉堂へ行く景色もいい。もうすぐ新茶の季節到来だ。八女の新茶、茶摘みも興味深い。

施設名
奥八女 茶の葉堂
住所
福岡県八女郡広川町水原2022-1
電話
0943-32-1776
URL
http://chanohado.com/