まき野の仕込み

蕎麦,打ち粉,日本酒,まき野,そば打ち

此処は福岡天神。酒と蕎麦まき野

当たり前だが、飲食店は営業時間だけ稼働してるわけではない。開店前の準備もあるが、当然、仕込みの時間もある。とある西中洲鮨屋の大将が言っていた。白身を鮮度高めでプリプリだと言って食べたところで、そんなに食べられないし、酒も進まない。何故か?旨味が熟成されてないからだ。と。

客に酒と蕎麦を食べさせたいまき野は、その一品料理の数も豊富で、味もバラエティに富んでいる。また、食材の旬を見極め、一番美味しい時期に一番美味しい料理を提供する、その努力は弛まぬものである。

くじら刺,鯨,天神,蕎麦,冷酒,日本酒

蕎麦屋のくじらと魚料理。

仕入れにもこだわり、季節で時期で最良なる魚を仕入れる。そして仕込む。一番美味しく食べられる仕込み方法で。上の写真は、くじら刺し。下の写真は、マグロ。箸を手に持つ衝動にかられる。ちなみにマグロは普段マグロ漬けで提供されることのほうが多い。

マグロ漬,まぐろ,天神,蕎麦,冷酒,日本酒

鴨料理も品数豊富である。

ビュルゴー家シャラン鴨。フランスから運ばれるその鴨を求めるフレンチの職人は数多い。その鴨と比べるとどうなのか?そんなことはどうでもいい。下の写真を見て欲しい。酒と蕎麦まき野の鴨わさである。心奪われる。

鴨わさ,鴨,天神,蕎麦,冷酒,日本酒

玉子を使った料理も数知れず。

無論、出汁巻きたまごは美味しい。他にもたくさんある。此処は蕎麦屋である。パッと食べてパッと帰ることも許される。ただ腰を据えて、料理を食べていくにつれ、箸は進む。あれもこれも。また明日も。と、なっていくのは至極当然の性なのかもしれない。

半熟卵,鶏,博多,日本酒,まき野

玉子蕎麦,卵蕎麦,まき野,日本酒,蕎麦

最後は蕎麦で。

蕎麦の種類も豊富である。上に記載ある蕎麦は玉子そば。もりそば、ざるそばと呼ばれる冷たいそばだけじゃない。温かいそばも、この時期でも頼みたくなる。

江戸前そば御三家「藪」「更科」「砂場」だけじゃない。博多もとんこつラーメン、うどんだけじゃない。博多、福岡の蕎麦。「酒と蕎麦 まき野」の今後にも注目していただきたい。

まき野,日本酒,soba,蕎麦,六十餘洲,山法師,天明

日本酒の種類も豊富である。好きな日本酒に好きな一品で好きな蕎麦。近くにまき野がある幸せを噛みしめる日々。

過去の掲載記事ご紹介> 福岡で本格的な蕎麦を味わい、日本酒をゆっくり傾けられる粋な店 酒と蕎麦 まき野

過去の掲載記事ご紹介> いきでいなせなふるまい 酒と蕎麦 まき野