大吟醸 極醸 喜多屋

大吟醸 極醸喜多屋

製造元:喜多屋(福岡県八女市本町374番地)

世界チャンピオンに輝いた「サケ」

世界最大規模にして、最高権威として位置づけられる酒類の競技会「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2013」日本酒部門で、ナンバーワンの称号である「チャンピオン・サケ」を受賞。九州の酒蔵からは、2例目となる快挙を成し遂げた。現在は、予約販売のため入手困難な大吟醸酒である。

IWCでは、世界の名だたる審査員から、「見事な透明感と芳醇さを秘めた酒」だと絶賛されている。カシスやパッションフルーツのようなフルーティーな香り、ものすごく柔らかくて優しい酸味なども、高い評価を受けた。

おすすめの飲み方は、冷酒。

「大吟醸 極醸 喜多屋」は、福岡県糸島産「山田錦」を100%使用、精米歩合35%と丹念に磨き上げている。矢部川の伏流水を使用して極寒の時期に仕込む。わが子を見守るように丁寧に発酵させ、「しずく搾り」によって仕上げている。

「しずく搾り」とは、酒袋にいっさい圧力をかけず、自然の重さで酒袋から垂れてくる「しずく」だけを取る技法。きれいで透明感のある酒になる一方で、量を取れないためとっても贅沢な酒なのだ。