若波酒造 くだもん

リキュールブランド(Qdamon)くだもん。

まるでワインのようなスタイリッシュなラベル。こちらは日本酒ベースのリキュールです。福岡県大川市にある若波酒造のリキュールブランド「Qdamon」(くだもん)は「九州の特産品」がテーマ。ラベルの中央にまあるく印刷された「Q」(キュー)は、九州の「九」と掛けてデザインしています。「くだもん」というかわいいブランド名は、九州地方の方言から名付けられました。九州では「くだもの」のことを「くだもん」と呼びます。みかんでもりんごでもキウイでも、なんだか無性に果物が食べたくなった時「くだもん食べたかー(果物食べたいー)」と言ったりします。

リキュール「Qdamon」シリーズは全部で5種類(2018年5月時点)。福岡博多産あまおう、福岡八女産うめ、大分産ゆず、大分由布産ヨーグルトン、宮崎産グァバ。アルコール度数は低めの10度未満。日本酒は度数が高いからあまり飲めない‥という方にも、こちらのリキュールはおすすめ。
「大分由布ヨーグルトン」はすっきりとしたクリアなリキュール。大分県の株式会社ヨーグルトン乳業の乳酸菌飲料、ヨーグルトンを使っています。原材料の乳酸菌飲料パワーでしょうか。飲み心地も後味もとってもさわやかで、まるでお酒じゃないみたいです。お風呂上がりなら、思わずごくごくごくっと牛乳代わりに一気飲みできます。蔵元さんに伺ったところ、時間が経つと底に乳酸菌がたまるので、飲む前に瓶を軽く振ったほうがいいそうです。

福岡あまおう

甘さと酸味・香味のバランスが絶妙な贅沢リキュール

「博多あまおう」は果実エキスが濃厚な甘酸っぱいリキュール。「あまい、まるい、おおきい、うまい」のキャッチフレーズで有名な福岡産いちご、あまおうをたっぷり使っています。あまおうと言えば、ごろんとした大きな粒とぎゅっと詰まった甘さが特徴。

当然、このリキュールもシロップのように甘いと思ったのですが、飲んでみてびっくり。甘さの中にほのかに上品な酸味を感じます。この酸味は、原材料のあまおう紅茶から生まれているようです。若波酒造でお酒に漬け込んだあまおうを、紅茶の製造会社に持ち込んで、茶葉とブレンドした蔵元こだわりのオリジナル紅茶。あまおうの芳醇な甘さに、酸味や香味をプラスして、より一層いちごのおいしさを引き立てた贅沢なリキュールに仕上がっています。

甘いものが好き、だけど甘すぎるものは気分じゃない。そんなわがままな女性にもぴったりなお酒。飲み方も、自分のアレンジで自由に楽しめます。素材のおいしさを味わうために、最初の一杯はぜひストレートで。牛乳やビールで割るのも面白いし、甘酒と混ぜてもコクが出ておいしいです。それこそQdamonシリーズのヨーグルトンで割るのもおすすめ。私はいちごが大好きなので、「博多あまおう」をそのままいちごにかけて食べるのもお気に入りです。 恵比寿酒店では、「大分由布ヨーグルトン」と「博多あまおう」の「Qdamon」を販売しています。

今回ご紹介したお酒:若波酒造Qdamonあまおう、ヨーグルトン

ご購入はこちら