温やの白子葛とうふ

宗像にある玄海食堂 温やの白子葛とうふは、日本酒との相性抜群

宗像大社近くで、美味しい食事処を探していたところ(もちろん海鮮)、会社の同僚が教えてくれたのが、「玄海食堂 温や」だ。

正確に言うと、「玄海食堂 温や」の白子葛豆腐が絶品で、日本酒に絶対合う!とのことだった。せっかくなので、白子葛豆腐買いがてら、昼ご飯をいただくことにした。場所は、宗像大社から道の駅むなかたへ行く途中にある、神湊の信号からすぐのところ。

名物メニューは、鯛茶漬け。まずは、そのまま生の鯛を。半分過ぎたら、ダシをたっぷりかけて鯛茶づけに。1度で2度美味しい。

新鮮な魚を使った丼や御前がたくさんあるのだが、さんざん迷った結果、一番人気の「鯛茶漬け」に決めた。

プリプリの身が締まった鯛に、細かく刻まれたカイワレ大根と海苔。カイワレ大根特有の辛味と歯ごたえがいいアクセントになっている。自家製の秘伝ごまだれが、ほどよく絡み、ご飯が進む進む。このままで十分美味しいのだが、このまま全部食べてしまいたい気持ちなのだが、鯛茶漬けとのことなので、半分過ぎたところで、だし割りほじ茶を投入。

鯛の身がほんのり白くなり、もともとのゴマダレのコクと、投入したダシほうじ茶が混じり合い、何とも言えない香りが漂う。そんな余韻を楽しむ間もなく、さらさらさらと、あっという間に完食。好みとしては、2/3はそのままで、最後の締めに鯛茶漬けを少々。

ねっとりモチモチ白子葛とうふは、まるでチーズのようなコクさえ感じる。

同僚イチオシの「白子葛とうふ」。「クリーミーでモチモチ。最後に白子の風味がふわっと広がるでしょう。熱燗を飲みながら、この白子葛とうふをチビチビと。酒の肴はこれだけで十分」と熱く語っていたのだが、大いに納得。チーズは入っていないのだが、チーズのようなクリーミ―さとコク。さらに、ねっとりモチモチの食感。また、昆布、焼きあご、焼きあじ、干椎茸、花かつおの入ったダシとワサビが、大人の味わいに仕立てる。

この味わい、食感の秘密は、牛乳と生クリームに新鮮な白子。それらに、吉野葛を加え長時間練り上げるとのこと。この白子葛とうふは、買って帰ることもできる。

宗像大社の寄り道スポットが、もうひとつ増えた。

ちなみに、今日は中秋の名月。十五夜とも言われ、お月見に適した日。実際の満月は、10月6日(金)とのことだが、美味しい肴と日本酒片手に、お月見なんていかがだろうか。

 

施設名
玄海食堂 温や
住所
宗像市神湊44-1-2
電話
0940-62-0502
URL
http://onya.asia/
営業時間
11時~21時
定休日
不定休